食について

食のライフスタイル・稲作文化と米食

稲作文化と米食稲作の歴史は、かつては雲南省の遺跡から発掘されたものから、この周辺からインドにかけてがその発祥とされていましたが、進んだDNA鑑定のお陰で、約1万年前の中国長江流域の湖南省周辺と推測されるようになってきました。もともと雑草という形で存在していた稲は、その後ジャポニカ種が生まれ、その後でインディカ種が派生して来たのです。日本ではつい最近まで弥生時代から、この稲作が大陸から伝わり始められたと結論付けられていましたが、その後の調査で縄文遺跡からも次々と稲の痕跡が見つかった事から、縄文時代からすでにこの稲作が行われていたという結果に結びつくと共に、現在の水稲では無く陸稲が栽培されていた事も指摘されています。以来日本は、ジャポニカ主と呼ばれる稲が主食となって行きますが、米が主流となった背景には、その収穫量の多さにありました。7世紀にはすでにお金と同等の価値があり、税金として納められていましたし、その後の武家社会においても富の象徴でもあったのです。

Copyright(c) 食 All Rights Reserved.